「ボンドガールになって」【藤原紀香】“レース越し胸肌見せ”映画鑑賞姿


藤原 紀香(ふじわら のりか、1971年6月28日 - )は、日本の女優、モデル、タレント。本名は片岡 紀香(かたおか のりか)。 兵庫県西宮市出身。西宮市立生瀬小学校、親和中学校・親和女子高等学校卒業、神戸親和女子大学文学部英米文学科中退。高輪エージェンシー→バーニングプロダクション→サムデイ所属
47キロバイト (6,019 語) - 2021年10月11日 (月) 12:46



 ダニエル・クレイグにとって最後のジェームズ・ボンドとなる映画「007/ノー・タイム・トゥ・ダイ」が10月1日から公開され、多くの観客を集めている。女優や歌手ら芸能人の注目度も高く、さっそく視聴した美女も多いようだ。女優の藤原紀香はその1人。10月2日ブログで初日に映画を観たことを報告している。

 藤原は体験型の上映システムを採用したシアターで観たそうで、〈omg! so cool! 4Dでの鑑賞、物凄い迫力〉と驚いた様子。ダニエル・クレイグラストということで、感慨深いものがあったようだ。

「映画とダニエル・クレイグに敬意を払ったのか、藤原はおしゃれをして劇場に行ったようです。当日の自撮りショットが公開されているんですが、シックなコーディネートです」(週刊誌記者)

 濃紺のキャスケットをかぶり、ジャケットレースのシャツ、レース模様のマスクも同色で統一されたコーディネート。特に目を引くのがレースの胸元だ。

レース越しに色香ただよう美しい肌が見えます。わずかですが胸の渓谷も確認できますね。美しく艶っぽいスタイルファンから絶賛の声が上がりました。ボンドガールを演じてほしいという声もあります」(前出・週刊誌記者)

 1967年公開の「007は二度死ぬ」では若林映子と浜美枝がボンドガールを演じている。007でなくても、熟美女・藤原紀香がスクリーンで躍動する姿にも期待が高まっていきそうだ。

アサ芸プラス


(出典 news.nicovideo.jp)