【千鳥・大悟】念願のドラマ企画に挑戦!決め台詞に相方・ノブ「ダサッ!締まらない」


大悟(だいご、本名:山本 大悟(やまもと だいご)、1980年3月25日 - )は、日本のお笑いタレント、司会者、俳優。お笑いコンビ千鳥のボケ、ネタ作成担当。相方はノブ。吉本興業所属。NSC大阪校21期と同期扱い。 岡山県・笠岡市北木島出身。岡山県立笠岡商業高等学校卒業。高校最後の定期テストで教員
18キロバイト (2,137 語) - 2021年11月18日 (木) 02:22



 お笑いコンビ・千鳥の大悟が、自身の冠番組「チャンスの時間」で持ち込み企画に挑戦。ミステリードラマの犯人役を演じるも、相方・ノブからのツッコミがさく裂した。

【動画】千鳥・大悟が念願のドラマ企画に挑戦

 ABEMAバラエティチャンスの時間」11月21日放送回で行われたのは、「大悟プレゼンツ!あのドラマに出てみたい」。撮り下ろしドラマで、大悟は後輩の芸人を殺してしまった犯人役を演じた。

 企画冒頭、大悟は「ありがとう。私の夢を叶えてもらった」とスタッフに感謝の気持ちを伝えた。「『どうしても出たいドラマがあるんよ』『大好きなドラマがあるんよ』って言ってたら、(スタッフが)『じゃあ撮りましょう』って言ってくれた。とうとう撮りました」と満面の笑みで企画の経緯を説明。さらに、クオリティも非常に高い」と自信をのぞかせた。

 ドラマ視聴中、大悟とノブは笑顔で同ドラマを楽しんだ。しかし、ものまねタレントツートン青木が自身の推理を披露する展開に突入すると、ノブは大笑い。推理を聞いた大悟が「もうええわ」と告げる場面に対して、ノブは「ダサッ!うわぁ締まらない」と切れ味鋭いツッコミをさく裂させた。

 その後もVTRを見終わった大悟が「いい作品ができました」と感無量の様子を見せる一方で、ノブは「腹立ったな、最後の関西弁のとこ」とバッサリ。大悟が「(『もうええわ』は)何パターンか撮ったよ。2人が漫才してるように見せたかった」と力説するも、ノブは「全然見えてない」と一刀両断していた。

千鳥・大悟、念願のドラマ企画に挑戦!決め台詞に相方・ノブ「ダサッ!締まらない」


(出典 news.nicovideo.jp)