田中圭→16000円のフィレ肉を1600円と勘違いで大量注文 山田裕貴が爆食<ヒノマルソウル~舞台裏の英雄たち~>


田中 (たなか けい、1984年7月10日 - )は、日本の俳優。トライストーン・エンタテイメント所属。東京都出身。 渋谷教育学園幕張高等学校卒業。 2003年、ドラマ『WATER BOYS』で山田孝之演じる主人公の親友・安田孝の役を務め、脇役ながら注目を集める。 2006年1月にフジテレビのバラエティ番組『トリビアの泉
77キロバイト (10,262 語) - 2021年6月3日 (木) 08:05



モデルプレス=2021/06/09】俳優の田中圭が9日、都内で行われた主演映画『ヒノマルソウル~舞台裏の英雄たち~』(6月18日公開)の公開直前イベントに登壇。山田裕貴とのエピソードを語った。

【写真】「おっさんずラブ」田中圭、号泣クランクアップ

この日は田中ひとりのイベントとなったが、共演の古田新太も電話出演で登場し、事前にSNSで募った質問や、会場に集まったファンからの質問に答える企画が行われた。

山田裕貴くんとのおもしろエピソードなどあれば教えてほしいです」と質問が来ると、古田は「裕貴はすごいご飯を食べるイメージがある。すごい食ってなかった?圭が主催したお肉の会あったじゃん。あの時、延々と食ってなかった?」と撮影時のエピソードを回顧。田中は「あれは俺が頼みすぎたんです」と切り出し、「みんなにご馳走しようと思って、携帯で先にメニューを見ていて、フィレ肉とかが『1600円』って書いてあって、すごい安いと思ってみんな肉食べたいだろうなと思って頼みまくってたら、それ『16000円』だったんですよ」と衝撃告白。「本当に値段を間違えて注文しちゃって、事前に頼んでいたのでもうキャンセルもできなくて、なんとなくみんなに『絶対食えよ』って言った(笑)。裕貴も食べてました」と山田がそのフィレ肉を食べていたことを明かした。

田中圭主演映画「ヒノマルソウル~舞台裏の英雄たち~」

同作は、“1998年長野オリンピック、日本中が歓喜に沸いたスキージャンプ団体、大逆転の金メダル”この栄光を陰で支えた25人のテストジャンパーたちの知られざる感動秘話を映画化した話題の作品。4人の代表選手と25人のテストジャンパーたち、それを支える家族や関係者たちの想いが込められた、心を打たれる感動のヒューマンドラマ

当初は2020年6月公開予定だったが、新型コロナウイルス感染拡大の影響で今年5月7日に公開が延期。その後も緊急事態宣言と重なり6月18日に“再延期”となった。(modelpress編集部)


Not Sponsored 記事】

1600円だと思って頼んだフィレ肉が16000円だった田中圭(C)モデルプレス


(出典 news.nicovideo.jp)